スクラップブッキングキットのお店

無料ブログはココログ

道具

2013年7月23日 (火)

クラックルアクセント

本日もスクラップブッキングまつもとスタイルのブログへようこそ!


突然ですが!

勝手に「グルーシリーズ第4弾」お送りしちゃいます(*≧m≦*)

先日ふみ~が紹介してくれたテープのり液体のりは定番中の定番。スクラップブッキングには欠かせないのりなのでみなさんもお使いのことと思います。

そしてちなつさんが紹介してくれたグロッシーアクセント。簡単にぷっくりつやつやになるのでこの存在を知るとなんでもぷっくりつやつや~shineにして、「かわいい~lovely」と一人でテンションアップしてしまう魔法ののりですが、今日ご紹介するのはぷっくりなのにひび割れがっshockなんでsign02どうしてsign02とちょっと焦ってしまうのりです(笑)

P1030726

それがこちら。「Crackle accents」クラックルアクセントです。

crack:ひび割れ、割れ目 

グロッシーアクセントと同じ「のり」ですが、のりとしての用途よりは「ひび割れ」を作ってヴィンテージっぽさを出す効果に使われることが多いです。

P1030698

例えばこのレイアウト。クラックルアクセントを使っていますがどこに使っているかわかりますか?

P1030700

正解はここ。バラの部分です。ぷっくりとしてつやがあるのにひび割れているのでハロウィンのレイアウトにはピッタリなアクセントになりますね。

いつもと違うレイアウトに挑戦してみよう!と思っている方、クラックルアクセントにも挑戦してみてくださいね。




ソネ

2013年7月17日 (水)

グロッシーアクセント

「スクラップブッキングまつもとスタイル」のブログへようこそ!
・・・大変ご無沙汰していました( ̄Д ̄;;

イベントが終わって、アップの頻度が少なくなっていますが((((;゚Д゚)))))))
ブログの担当を決めたので、これから頻繁にアップされるはず?です。



以前、ふみ~がテープのり液体のりについて説明してくれました。
スクラップブッキングには、この2種類ののりがあれば十分good
私もスクラップブッキングを始めてから9年くらい、この2種類だけ使ってきました。
テープのりは、文房具店やホームセンターでも手軽に購入することができますし、
大きなお店だったら、この液体のりもあるかもしれません。

・・・が、スクラップブッキングにはいろんなツールがあります。
次々と出てきます(笑)

そこで、今回はもうひとつの便利なのりを紹介しましょう。
その名はグロッシーアクセント

Img_7449

簡単に言ってしまえば「ちょっと強力な透明のり」。

特徴は、
one 透明だから、クリア素材のアイテムをつけるのに便利!
two マルチピットより強力だから、
   メタルのようなちょっと重量のある飾りを留めるのに便利!

そして、ここがいちばんのポイント。
three ぷくっとできる。

ぷくっと???(・_・)エッ....?

Img_8812

右下のブルーのペーパーを見てください。
なんだか、ゼリー状のものが塗られてますよね。
これが、グロッシーアクセントなのです( ̄ー ̄)ニヤリ

今回のようにペーパーや、あとステッカーなどにも、
このグリッターアクセントを塗るだけで、「ぷくっ」とさせることができるのです。
透明なので、ペーパーやステッカーの色はそのまま。質感だけが変わります。

もうひとつ画像を紹介しましょう。

Img_8809

ほらっ(*゚▽゚)ノ
ピンクとグリーンのサークル、ぷくっとしてますよね~shine



実は、このグロッシーアクセントがスクラップブッキングの世界に登場したのは
ずいぶん前のこと。
「貼る」という用途としては、マルチピットで十分間に合うので
これまであまり重要視してこなかったんですが、
やっと私のショップで取り扱うことにしたので、今回紹介しました。

ショップで販売しているグロッシーアクセントは容器の高さが7cmほどのミニタイプ。
もっと大きいのもあるんですが、しばらく置いておくとノズルが詰まってしまって、
もったいないことに使えなくなってしまったんです(。>0<。)
このミニタイプも2日も経てば、のりが固まって詰まっちゃうんですが、

Img_8907

こんな風にノズルに針を通せば復活~(* ̄0 ̄)ノ
私のグロッシーアクセントは今のところこの方法で順調に使用できています。


気になる方は一度お試しくださいね((o(^∇^)o))


ちなつ

2013年7月 2日 (火)

テープのり

今朝もツンとひんやりしている
長野県塩尻市から
23がお送りしています
『スクラップブッキングまつもとスタイル』へようこそwink



本日もスクラップブッキングに欠かせないツールを
『glue』カテゴリーからご紹介しまーーーーーすshine







…いや、なんてことない…のりの紹介です(笑)






昨日紹介しました
液体のり『PiTMULTI・2』(ピットマルチ/(株)トンボ鉛筆)
とともに大活躍するのり
それがこちらdown

Cimg2076

テープのり『DOTLINER』(ドットライナー/KOKUYO)





写真を貼る
ペーパーを貼る
スクラップブッキングの基本作業は
テープのりがいちばん簡単で便利(・∀-d)

Cimg2080

テープのりをピーッと横にスライドさせれば

Cimg2074

テープ状ののりがつく
(うっすらドットで写っている部分です…)

ね、簡単で便利(・∀-d)


私はもっぱら
『DOTLINER LONG』(10㎜×36m)を愛用しています。
たっぷり使えるし、つめ替えタイプなので
カートリッジを替えればずっと使えて経済的にお得ですmoneybag

小さい方(8.4㎜×16m)もつめ替えタイプになっています。
こちらは携帯するのにコンパクトで便利です。

今回、リリパで作る
「アコーディオンファイルアルバム」
でも写真を貼るのに大活躍しますよ~~~~~shine


23でしたsnail


2013年7月 1日 (月)

液体のり

スクラップブッキングに欠かせないツール

それは…








『glue』









英語で言ったらかっこいいかなって…(*´-`*)ゞ ポリポリ
特にそうでもなかった…(笑)

写真を貼るときには手軽で簡単な
テープのり (また後日紹介しますね…)が便利です。

が、
のりしろにのりをつけて組み立てるようなものについては
液体のりが断然おすすめです。
私が愛用しているのがこちらdown

Cimg2026_2

『PiTMULTI・2』(ピットマルチ/(株)トンボ鉛筆)






Cimg2029_2

上のキャップをとるとこんなかんじ。
のりを細く出すことができます。
のりしろに直接ぬることができるので
私はこちら側を使うことが多いです。

Cimg2032

下のキャップをとるとこんなかんじ。
小さな穴からのりを出しながら
ゴムの面でぬり広げられます。
たくさんのスペースに一度にのりをぬるときに便利。




一見
どこにでも売ってるボンドのような白いのりですが
ピットマルチのいいところは
紙の劣化の原因になる「酸」を使っていない

Acid-free
(アシッドフリー)

であるところ。
普通のボンドのような独特の酸っぱいにおいがなく
とってもいいにおいなんです~(人*´∀`)+゚:。*゚+フンワリイイカオリ+゚:。*゚+
使ったことがある人はわかりますよね(笑)




今回、リリパで作る
「アコーディオンファイルアルバム」
の組み立てにも大活躍しますよ~~~~~shine





初の3日連続更新(?)の23でしたcatface

2013年4月 8日 (月)

グリマーミストを使って その②

前回は、マスクを使ってグリマーミストで、ペーパーに模様をつけましたが、
今回はこれhappy02

P10308131

このフラワー(Prima)、模様がついていて、ミストをかけると
模様が浮き出てきますsmile

P1030816

今回はこのミストを使用。
前回と同じく、TatterdAngelsのグリマーミストですshine
ちょっと画像が見ずらくてすみませんcoldsweats02

P10308141

こんな感じになりました。
わたし好みの色合いにup
そんな模様の入ったフラワー持ってないよって人も大丈夫sign01

P10308171

こんなふうにマスクを置いて…

P10308181

シュッとミストを噴きつけると、可愛い模様がつきましたshine

ミスト使用の注意点としては、

まずソネさんも言ってましたが、ボトルの中に細かいラメが入っているので
ボトルを振る時は、縦でなく横に振ることsign01
しっかりラメが液に混ざってからしましょうhappy01

そしてミストを噴きつけるときは、スプレーのプッシュを最後まで
押しきってくださいsign01

あとは、TatterdAngelsのウェンディ・センガーさんが言ってたのは、
もったいないと思わずいっぱい使ったほうがいいとのことでした。

では、12インチの作品を1つhappy01

P10308191

12インチのマスクを使って

P10308201

ミストをして…

さっきのフラワーも使って…

P10308211

完成shineshine

みなさんもミストを使った作品、ぜひ作ってみてくださいなhappy02good

                                  たえぽん

2013年4月 7日 (日)

グリマーミストを使って その①

ソネさんから話をふられていたので、グリマーミストを使った作品を
アップしたいと思いますhappy01

TatterdAngelsのグリマーミストは、中に細かいラメが入っていて、
シュッとふりかけるだけでとっても可愛くなりますshine

P1030802

ただシュッとするのもいいんですが、マスクを使うともっと
可愛くなりますnote

P1030803

ペーパーにこうやってマスクを置き、シュッとミストをします。
何色か使うと、またグっと素敵になりますshine

P1030808

P1030809

マスクについたミストも、マスクをひっくり返してペーパーの上に置き、
上からペーパータオルで押さえてみると…

写真右側のように、マスクの模様が出ます。

P10308041

使ったミストはこちら。
この中の…どれを使ったのちょっと忘れちゃいました

マスクも写真のように細長いものから、12インチのもの、6インチのものなど
いろんなものがありますよsmile

他にもレースのリボンやレースペーパーなどをマスクの代わりにつかっても
とっても可愛く模様がつくので、ミストを持っている方は、お試しくださいなup

                                    たえぽん

2013年3月18日 (月)

ビックショットとダイカット

こんばんは。先日発表した「まつもとスクラップブッキングフェア」に向けて鋭意準備中のソネですhappy01



まつもとスクラップブッキングフェアは6月21日(金)、22日(土)なので「まだまだ先じゃん」と思うかもしれませんが、たぶんあっという間に過ぎてしまいます。

各自がプロジェクトを数個ずつ準備中なのですが私も先週から準備に取り掛かりました。

いったい何が出来上がるのか・・・それはまたのお楽しみですがhappy02今日はその準備風景の中から「ビックショットとダイカット」についてお話しさせていただきます!

まず、ビックショット。これが一体何なのか?というところから説明しなくてはいけませんがこういうものです。

P1020656

これが「ビックショット」と呼ばれるマシン。これで何ができるのかというと「ダイ」と呼ばれる「抜型」を使って紙を切り抜くことが出来ます。そしてダイを使って抜いたものを総称して「ダイカット」と呼んでいます。

P1020642

たとえばこのレースペーパー。ドイリーレースなんて呼ばれるコースター型の紙ですがこれも「ダイ」を使うと自分で作ることが出来てしまいます。

P1020648

これが「ダイ」。つまり「抜型」です。このダイと紙を一緒にさきほどのビックショットに挟んで横のハンドルを回します。

P1020658

透明のプラスチックの板で挟みます。

P1020660

透明の板が傷だらけ。。。ですが、これはビックショットを使うと必ず傷がつくものなので買い替えながら使っていきます。もうこの板は買い替えの時期をとっくに過ぎてしまっていますけどね。。。sweat01

この板が向こう側へと押し出されるまでハンドルを回します。

P1020664_2

するとこのようにダイに沿って紙が抜けるという仕組みになっています。

「ダイ」には色々な形があって発売しているメーカーも様々です。

P1020650

こちらはSizzix(シジックス)という代表的なメーカーのもの。平面に抜いて立体のお花を作ります。

P1020666_2

ダイ自体がしっかりしている(表面のスポンジの中に刃が隠れています)ので紙以外にも革やフェルトを抜くことも可能です。

P1020652

こちらはQuicKutz(クイックカッツ)のネスティングダイ。同じ形のものが大小セットになっています。

P1020655

そしてこんなひらがなのダイも。これはWonderHouse(ワンダーハウス)というダイの中でも珍しい日本のメーカーさんです。このひらがなダイは今の時期、保育園幼稚園の卒園メッセージカードを依頼されたときに大活躍するダイですgood

他にもダイはメーカーも形も様々。使い方も色々です。

ダイカットはスクラップブッキングに取り入れると簡単に「ワンランク上」の仕上がりになる頼もしいマシンですがちょっとお値段がお高め。。。なので「まつもとスクラップブッキングフェア」でダイカットされたパーツをゲットしてスクラップブッキングに取り入れてくださいねwink




ソネ




















2013年3月 2日 (土)

ハートがいっぱい

先日コーナーパンチの使い方を紹介しましたが、今日もパンチの紹介ですcatface

先日アップした作品にも使ったこのパンチ。

P1020501_2


MARTHA STEWARTのエッジパンチですが、実はこれ2個セットのうちの1個。

本当はコーナーパンチとセット販売されているものです。

P1020565


右側の小さな方がコーナーパンチ。文字通り角をパンチするためのものです。

この二つを一緒に使うと12インチペーパーの四辺がすべてハートのレースにカットされちゃうんです!つまりダイカットペーパーに変身するということです。

では、さっそくやってみましょう!

P1020566


まずは12インチペーパーの四角をパンチします。ガイドがついているのでズレることはありません。

P1020567

次にエッジパンチの模様に沿ってペーパーをセットしパンチします。パンチに描かれている模様に合わせるのがポイント。これを怠るとハートのレースがつながらなくなってしまいます。

P1020568_4


パンチをしたら左へずらして模様を合わせパンチします、それを繰り返していくと・・・・

P1020569


こんなふうにペーパーの端すべてにレース模様ができるのでオリジナルダイカットペーパーが作れてしまうのですlovely

次回はこのダイカットペーパーを使ったレイアウトを紹介したいと思います!またブログに遊びに来てくださいね。

ソネ





2013年2月22日 (金)

コーナーパンチをエッジパンチとして使う

前記事でご紹介したこのパンチ。

P1020505_2


コーナーパンチですがガイドを外すとエッジパンチとしても使える優れものです。

P1020512_2


まずはガイドを外します。

P1020513_2


裏側から位置を確認してパンチします。

P1020515_3


左にずらして位置を確認し再びパンチします。これを繰り返していくと・・・・

P1020519


こんな風にレース模様が作れてしまいます!

コーナーパンチも使い方次第でエッジパンチになるものも多くあります。

道具を揃えるにはお金がかかりますが一つのパンチで二通りの使い方が出来るものがあるとスクラップブッキングの作品の幅も広がっていきますね。

少しずつペーパーパンチの種類や使い方をご紹介していきますので楽しみにしていてくださいね。




ソネ



パンチを使って差し替え可能なレイアウト

みなさまこんにちは、ソネです。

今日はお友達へのプレゼントとして作ったレイアウトとそれに使ったパンチのご紹介です。

P1020485


こちらは女の子のお友達へ。

P1020493


そしてこちらは男の子のお友達へ。

どちらのレイアウトもパンチを使って写真を挟み込むようにしてあるのでお好きな写真を飾っていただけるようになっています。

P1020490


この逆さまになったハートの部分と

P1020495


ギザギザしているこの部分をパンチして写真の左上を挟み込みます。

対角線上の右下部分に飾りがありますがそこも隙間が空いているのでその部分に写真を挟み込めばのりで貼らなくても落ちてこないという仕組みです。

今回はパンチが重要な役割を果たしていますのでそのパンチについて。

ペーパーパンチと言って思い浮かべるのはハートや星などの「型抜き」が定番だと思いますが今回使用したパンチはちょっと違います。

P1020487


まずはこのハートの部分。これもパンチを使っているんですよ。

P1020501


使ったパンチはこれ。MARTHA STEWART(マーサスチュワート)というメーカーのエッジパンチです。「エッジ」というのは「端」という意味。このパンチを使うと上一つの画像のようなレースみたいな模様を作り出すことが出来てしまうのです。さらにこのパンチのすごい所は折りたたんで収納できる!というところです。

画像がなくて申し訳ありませんが左右のウィングが内側に折りたためて小さくなるという画期的なもの!パンチは場所をとるので小さく収納できるのは大変助かります。

またMARTA ATEWARTのパンチは「かわいい!欲しい!」と一目ぼれしてしまうような模様や使い方が出来るのでハマると大変なことになります(笑)エッジパンチのほかにも色々と種類がありますのでまたの機会にご紹介しますね。

P1020494


ここに使っているエッジパンチはこちら。

P1020500


EKsuccess(イーケーサクセス)というメーカーのものです。先ほどのMARTA ATEWART同様エッジパンチなのでかわいいレース模様が出来てここ最近のお気に入りパンチですheart02

P1020490_2


この部分に使っているパンチはこちら。

P1020506


メーカーは先ほどのエッジパンチと同じくEKsuccessですがこちらは「コーナーパンチ」です。

「コーナー」は「角」のことなので紙の四隅に模様を入れるためのパンチになります。

P1020495_2


そしてこのギザギザ部分。

P1020505


同じくEKsuccessのコーナーパンチ。

P1020508


ロケットの羽のようなガイドに沿って紙の角を差し込みます。(ピンクのハートのパンチも同じ使い方です)

紙を差し込んだら右上のレバーを握ります。

P1020510


こんな風に抜けます。ギザギザの山になっている部分に切り込みが入るのでそこに写真の角を挟み込んで使います。

このギザギザコーナーパンチはコーナーだけではなくエッジパンチにもなる優れものです!

記事が長くなってきましたのでそのエッジパンチとしての使い方は次の記事でご紹介させていただきますね。


ソネ